上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メディアが無理やり作っていると思うわけで、流行っているからメディアが特集するのか、特集するから流行るのかというと後者であろうと。それに踊らされて大して興味もないのに大行列に並んだりするのは愚の骨頂だと思っているのだが。
最近見た某ドーナツ屋の1時間待ちとか。ソウルにめっちゃいっぱい店舗あってしかもガラガラやったし、日本人はあふぉだなとしみじみ感心してしまったくらい。あと某衣料品店のオープン行列とか。GAPやZARAと何が違うのか理解できん。

まあしかし、意図的に作られた流行であっても自分の好みに合致するものであれば乗ってみてもいいんじゃないかとも思うわけで。

何が言いたいかというと。

なにやらロシアン帽が流行ってるらしいのです。
ふわふわのファーでできてるアレ。
7年位前にどーーーしてもほしくて、というかロシアン帽かぶってロシアに行きたくて、衝動買いしたくらいで、そのときは周囲からはそんなもんいつかぶるの?と冷ややかな反応をされた気がするんだけど。ここにきて市民権を得たようで嬉しいような悲しいような複雑な気持ち。
どう考えても今年限りの流行だろうと思われるけどロシアン帽好きな私としては乗せられて買っちゃおうかなとか。前買ったやつどこいったかわからんし。どうせ流行りモノなんだから思い切って毛足のながーい派手なのにしてみるか。

スポンサーサイト
前からだけど体調不良が一向になおらん。
精神的なものなのだろうか。
このところよく思うのだが、エリクソンのいう心理・社会的危機に際して、私は退行・停滞の方向へと進んでしまっているのではないかと。このままいくときっと次の段階に上れないのではないか。下手に自覚している分だけ精神的負担が大きく、それが情緒不安定ひいては体調に現れている気がしないでもない。まとめるといいかげんふらふらしてる場合じゃねーぞということなんだけども。

それはさておき、最近FAUNとかESTAMPIEなるものにちょっとはまってるんだけども、マイナーすぎて音源が見つからない。中世的なメロディを現代楽器でアレンジ、暗めなゴシックの雰囲気という、私としてはかなり好きな音なんです。ケルティックが好きな人なら気に入るかも。まあ少なくとも日本では需要ないんだろうな。なんとか入手できないものか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。